HOME

債務整理相談専用フォーム
代々木駅、長野駅すぐそば
代々木駅、長野駅すぐそば
ご相談・お問合せ

悩み、不安はひとりひとり違います。人にはいろいろな悩みがありますが、その中でもお金の悩みは大きいものです。

司法書士法人あい和リーガルフロンティア

その他の手続き
会社設立・商業登記、裁判手続き、成年後見人などの手続き

メリット・デメリット手続きの流れご相談・お問合せ

会社設立・商業登記手続き
不動産に関しての各種手続きを承ります。

会社設立に関する一切のお手伝いをいたします。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアでは、株式会社・合同会社等会社の種類を問わず会社設立に関する書類作成、登記申請等会社設立に関する一切のお手伝いをいたします。

お気軽にご相談ください。

会社を設立するためには・・

会社を設立するためには、定款を作成し、会社を設立する本店所在地に登記の申請を行う必要があります。

設立後の変更登記

会社を設立するときには、設立の登記をしますが、会社設立の登記が終わったあとにも

など会社の内容に変更が生じた時には法務局へ登記する必要があります。登記申請の書類作成や手続きは、面倒で時間と手間がかかります。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアでは、書類作成し、登記申請の代行をいたします。会社に関する登記を行う必要がある場合は、お気軽にご相談下さい。

手続きの流れご相談・お問合せ

裁判手続き
不動産に関しての各種手続きを承ります。

簡裁代理業務 簡易裁判所で扱う民事事件の上限は140万円であり、認定司法書士は簡易裁判所での民事裁判の代理人になる権限を与えられています。

あまり高額ではないため、何かあっても泣き寝入りしてしまう方が多い額でしょう。

今まで敷居の高かった法律・裁判という分野において、当事務所では身近な法律家として依頼者の相談内容をよく伺って、適切な法的解決手段を選択し、解決を目指しています。

簡裁で解決ができず、地方裁判所に上訴になる場合は、裁判所提出書類を作成することによる本人訴訟の支援をいたします。

簡易裁判所での手続、代理・民事訴訟手続き

(少額訴訟手続を含む)

裁判例

手続きの流れご相談・お問合せ

成年後見人
不動産に関しての各種手続きを承ります。

高齢になられ認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、財産を管理したり、契約を結んだり、自分でこれらのことをするのが困難な場合があります。

また、高齢者を狙った悪徳商法も世間には蔓延しており、十分な判断能力がないために、不利益な契約を結んでしまうなどの問題も増加しています。

このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。

成年後見制度の種類

成年後見制度には、法定後見制度任意後見制度の2種類があります。

さらに、法定後見制度は、後見、保佐、補助の3種類に分かれており、本人の判断能力の程度に応じて制度を選べるようになっています。

法定後見制度

法定後見制度においては、家庭裁判所によって選ばれた法定代理人(成年後見人・保佐・補助人)が、本人の利益を考慮し、本人を代理して契約等の法律行為をしたり、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり、本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を後から取り消したりすることによって、本人を保護・支援します。

法定後見制度の3類型

成年後見制度とは、判断能力の不十分な人を法律的に保護し、支えるための制度で、本人の判断能力によって、次の3種類に区分されます。

  1. 判断能力が全くない場合→成年後見
  2. 判断能力が特に不十分な場合→保佐
  3. 判断能力が不十分な場合→補助

また、任意後見制度といって、本人が予め公正証書で結んでいた任意後見契約に従って、本人の判断能力が不十分になったときに、任意後見人が本人を援助する制度もあります。

メリット・デメリットご相談・お問合せ